話題のコエンザイムQ10

最近よく耳にするようになったコエンザイムQ10。
名前は聞くけど、いったいどんな効果があるのか分からないと言う人の為に
今日はコエンザイムQ10について詳しく見ていきましょう。

最近になって良く耳にするようになりましたが
1957年に発見された成分です。
クレーン博士が心臓細胞のミトコンドリアの中に
オレンジ色の物質を発見した事が始まりです。

このオレンジ色の物質の正体がコエンザイムQ10だったんです。
実はコエンザイムQ10は私達の体のあらゆる細胞に存在していて
私たちが生きるために欠かせない働きをする補酵素になります。
コエンザイムQ10は元々わたしたちの体内で合成されている物質になり
コエンザイムQ10が不足してしまうと生死に関わってしまうのも特徴です。

コエンザイムQ10には非常に強い抗酸化作用が備わっています。
金属が酸化して錆びるように
人間の体を作る細胞にも酸化が起こっています。
この酸化の原因で知られてるのは活性酸素になります。

活性酸素はウィルスや細菌などを攻撃する良い面がありますが
増え過ぎてしまう正常な細菌やDNAに対して攻撃し
癌、老化、糖尿病、動脈硬化など
様々な病気を引き起こす原因となります。
活性酸素を撃退する抗酸化物質としてビタミンEも有名です。
細胞脂質の最も防止するのはビタミンEですが
ビタミンEはコエンザイムQ10がないとその強力な抗酸化作用を発揮できません。
むしろ逆に酸化を促進してしまうので木を付けて下さい。

脂溶性サプリの摂り方コエンザイムQ10の上手い使用法